石屋の犬が猫を研究




石なのに
犬が可愛く

机の上に置きたい
樹形により差があるが、枝(ツル)は目的の長さで節(葉の出るところ)でまず切る。
その節から次々に芽が吹き直す。
その芽を小さいうちにかき取る。
これをくり返すと、そこに小さなコブができ、熱を持つという表現のようになる。
これを2〜3年くり返すと、そこから発生した芽(小さなもの)に花芽がくる。
花芽は8月中旬に、他の葉芽とは違って大きいのですぐ判る。
日本の世界に誇る鉢植えではコブは嫌われているので抵抗があるかもしれないが、塊のようなコブを作るわけではない。
小さな10p程度の樹では、ツルを伸ばし、それを切りつめていたのではまず実止まりしない。
枝の目的の長さでこの節(コブ)を作る。
そこから出る芽を出るそばから取り去るとそこに花芽(翌春の4月ごろ開花)がくる。
花は花序の下が雄花。
上が雌花。
雌花の先が指で触れてネバる時が授粉の適期である。
これは観察して確かめていただきたい。
1つの花序に雄と雌の花がつく。
枝が違うとこの成熟の時間がずれることがある。
人工的な交配は必要。
日本の世界に誇る鉢植えは自然より弱いと考え、必要な部分に交配して確実に結実させたい。
ポイントは次の通り。
まず雨に当てない。
光の通る屋根の下などに置く。
灌水も頭からかけず、用土にかけるようにする。
結実させたい鉢は、他のものとは別に管理するのが確実である。
ラブのほうは
もっさり取れるという感じはありませんでしたが、
普段スリッカーではとれないアンダーコートのみが取れていました。
スリッカーに敏感で先に玉がついているものでさえもとかすと痛がって?逃げてましたが、
ペット用品ですとほとんど嫌がらずにだまってさせてくれました。

うちのはラブですが確かに毛が舞うことが他のブラシに比べて少なく、ブラシがけの感触がよいです。
他のブラシでは嫌がるうちのごん太もおとなしく体を預けてくれました。
換毛期が楽しみです。

早速使ってみましたが、毛がつやつやしていい感じです。
ブラッシング嫌いの長男わんこがそれほど嫌がらずに毛をとかさせてくれるので
とても気に入りました。

北海道の「ラブ」パパのマークンです。
今日仕事が終わって家に帰ったら、ペット用品が玄関においてありました。
早速うちの「ラブ」に使ってみましたら、かなり死毛が付いて来ました。
そして、次にいつものわんこ仲間が集まるところに持って行き、いろいろと試してみました。

他のラブラドールレトリーバーのチョコはアンダーの毛があまり無いのか、そんなに抜けてこない。
ハスキーのミックスは物凄い量の毛が抜けてきて、びっくり。
ゴールデンの子は普段のお母さんの手入れが効いていて、余り抜けない。
他のゴールデンの子は逆にこれまた、物凄い毛が付いてきて、飼い主さんも仰天。
確かにわんこによって、また普段の手入れなどによっても結果が左右されているようだけど、大きく効果のある子もいるのは事実。

使った感想は、取っ手(握り)の部分が若干小さめなので、持ちづらいという声が多かった。
毛をすく部分はあまり大きくすると、毛の抵抗が大きくなったりして大変なので、それはいいのだけど持つところの穴の部分がちょっと小さいので、指が二本しか入らずに力が余り入らないそうです。
少し工夫をすると持ちやすくなるのかな。

いずれにせよ、抜け毛に悩む飼い主さんにとっては大きな魅力のある商品には違いなく、私もみなさんにお勧めします。

お好みリンク  TOPへ  >  戻る
inserted by FC2 system