TOPへ  >   戻る

この花なんのはな


この花なんのはな

鉢と大地の違いは樹木の生濡環境が、鉢と大地で大きく違うことは論を待つまでもあり ませんが、同じ川丘[L壊)でもかなりの差が生じます。
自然環境のもとでは、枯死した単木や落ち袋が表Lに雄微し、それに微牛物が働いてこれを分解し、それらは有機または無機の栄喪激となって.再び絨物に利用されるという反復経過を辿ります。
また微生物の活鋤や有機物の分騨は、炭酸ガス筆の施生を生み、それがL壊を膨軟にする効聚作燗もあワます。
路の場合、これらの作川が絶無ではないにしても、それが植物に有効に働くとははとんど孝えられません埠 また自然の大地では、そこに水分や養分または気租が不足すれは,植ること粐で馨ますが、嬰臥曙欝曜み」根の清動は.その用土内に制約さ範ます。
このように鉢と大地では、条件や制約に大きな違いがあるばかりではなく、自然条作下でば、士壌はある意味で自浄作用ともいうぺき反復機能が働きますが、鉢では多くの蜴合、根の環境蝿化に迷なる進行をすることが多いわけです。
気相の減少は鉢における用土照境悪化のうち殿大のものは、粒后の瑚壊を柱因とする鼠相の減少とみるごとができます。
今も述ぺたように.自然環境のもとでは、微生物の鋤きや鯲酸ガスの飛生などによリ.土壊を膨軟にさせるという国復作用が常に働いております。
これはかなり囲くなった土地でも、例えば占畳などを敷いておいてみれぱ、少なくとも一咋徴には.それがかなリ軟らかくなっていることでも審易に知ることができます。
しかし弊トの場合は,川Lの崩壊や根の充満等によって、鉢Lが固くなる傾向は隼月の鎌過と兵に進行します。
破損させない心がけ。
鉢は、周知のように陶器か磁器で創られるのが一般的ですが、この陶磁器は、ある水準以上に造型され焼成されたものであれぱ、時が経つにつれて、よく言われる「わび」「さび」の味わいが生まれてくるものです。
ここに陶磁器の魅力があります。
ですから、細心の注意を払って扱い、決して破損させないこと。
そして長く持ちこむことが大切です。
この点は、世界に誇る日本の鉢植えと共通するところです。
とくに、陶器の中で軟陶で焼成したものには気を配る必要があります。
けれど世界に誇る日本の鉢植え鉢は、箱に入れてしまっておくものではありません。
使ってこそ、器物としての用をなすわけですから、使いながら破損させない注意が必要です。
ちなみに、軟陶というのは、軟質陶器の略で、低温で焼成されたものを指します。
低温焼成には2種あって、耐火度の高い粘土を用いて温度不足で焼き締めが十分でないものと、はじめから強い焼き締めをしないで低温で熔ける紬薬を使って創ったものです。
軟陶ものは、概して吸湿性が強いため、冬期に凍結させるとヒビ割れて破損することがありますから冬期には凍結からの保護が必要です。
では、棚に置く時の注意に触れておきましょう。
世界に誇る日本の鉢植え棚は、条件が許す限り、採光と通風の良い場所が望まれます。
それは、木ものの生育にとって不可欠な条件です。
しかし、風通しが良いということは、時に強風も受けやすいということです。
しかも、世界に誇る日本の鉢植えの多くは、鉢という器の上に扇を広げたような形に植えられているものですから、強風を受けると、帆に風を受けたような状態になります。
よほど重量があるか、安定した樹でないと、倒れたり棚から落ちて破損する危険性があります。
しかしそうは言っても、世界に誇る日本の鉢植え鉢は、使ってこそ意味があるわけですから倒れる危険性があるとは三目っても、しまっておいたのでは用をなしません。
では、どうするか。
まず、ボンサイが倒れやすい場所と比較的安金な場所を見きわめておくことです。
さらに、風速の程度による危険性の度合いを熟知しておくことも必要です。
そして、必要に応じて棚から下ろすか、細ヒモで棚に結わえるなどの対策を立てて、事故を未然に防ぎましょう。
台風などで強風が予想される場合は、もちろん棚下に置くとか屋内に移すなりして保護します。

お好み  TOPへ  >  戻る
inserted by FC2 system