TOPへ  >   戻る

この花なんのはな


この花なんのはな

鉢植えが、自然髄生に敷ぺて異なる環境の舷大のものは、鉢と日う限ら犯た朋ヒの範囲内に咋、存を娘,嬰されているこレ三、」す、そしてこ釣ような条作ド卍、・は乾湿の開題ヒともに、温度変化かT、珊や牛育に入き日影響を路温刀…閲」勘についで書み号」乙でみても、それは大地と比較にならない温度変化を受けやすく、とくに盛夏期には生育適温を超えることは珍しくなく、時には生育限界温度を超える可能性さえ充分に号・えら柁ます。
このような状態になれぱ、睡物は光合成と呼吸との逆転現象を起して疲れを聖じ、はなはだしいときは根の呼吸停止となって葉焼けや描撮に鋤じかわないわけで、これが夏期商魁障害の大半をなすものといえます。
そしてこのような気象状況のとき、これら蕩温障害を防いでくれるものは、一つは環蝿であり、もう一つは水であります。
水の気化作用は潅水された水は、その比熱力によって鉢温を低ドさせます。
しかし、これはある意味からみて一時的効果であって、盛夏の強烈なロ照は再び錐粘を高温にします。
このとき難温の異状ヒ毘を防ぐ大きな僕割をするのが、水の気化作用です。
水はわずか一グラムの蒸罷で$う二「」]CのときV、凸,八打寿ロリーという大き"'5鼎眠を借Cう力亭アコっております、そしてトドい→、且ことは,。
てカリ八化 作用は商温になるほど旺盛になる性質があります。
キジは不死鳥。
ペリクレス時代(紀元前四九九-四二九年)[古代ギリシァの全霊期]に、二種類のキジがギリシアに輸人された。
その一つは"ファシアノス"とよばれ、黒海の東海岸にあるコルキス地方から輸人された。
もう一つは"テタロス"といい、ペルシアから輸人された。
ずっと後になって、中国からヨーロッパへ数羽のキンケイ[金鶏]の標本が到来して、たいそう評判になった。
非常に珍奇なので、この鳥は不死鳥とよばれた。
もちろん、文明発祥のアフリカの地の有名な伝説上の不死鳥は、もっとアオサギに似ていたといわれる。
ブリニウス[ローマの博物学者。
二二T七九年]によると、 ローマ皇帝クラウディウス一世は、紀元四七 ウナーラム年に公共広場に「不死鳥」を展示した。
そして、この鳥はきらめく赤い羽、黄色い尾とオレンジ色の尻をもっていたという。
これは、たいそう多彩ではあったが、ローマ人は、この鳥に伝説にあるような進窟がなく、また、ミルラ[灘歎の木]の小枝の巣をもっていないことを不満に思っていたそうである。
その当時、ふつうのキジはすでに大量に飼育されていた。
この鳥は翼を切られて、木の囲いのなかで飼われた。
そこで、かれらは急速にふやされるか、あるいはニワトリといっしょに飼育されるかした。
あとのばあい、めんどりは、キジのひなにたいして養母の役割をよくするからである。
中世には、こういうキジの飼育場は全ヨーロッパに存在した。
戦争のときには、かれらは無視され、そして囲いから逃げ出した鳥は、野外で急速に繁殖していった。
キジは、むかしもいまも狩りの獲物として人気を保っている。

お好み  TOPへ  >  戻る
inserted by FC2 system