TOPへ  >   戻る

この花なんのはな


この花なんのはな

「細い羊の腸はバイオリン、ハープやそのほか多くの楽器や道具の弦に利用される。
一本の弦には・少なくとも二本の覇瓢をより合わさなければならない。
采の腸線だけでは、弦はつくれないのである。
ベース・バイオル[チェロに似た楽器]の太い弦のように、一〇本、二〇本、そして一〇〇本もの腸線でつくられた弦もある。
高音のマンドリンの弦には二本の腸線が、バイオリンのもっとも細い弦には三本の、そしてもっとも太い弦には七本の腸線が、また大型のべースの弦には、ふつう一二〇本の腸線が使われる。
子羊、山羊、ネコや子牛の腸線は、いずれも弦になる」 この時代には、山羊もヨーロッパの多くの国において、経済上の重要な要素であった。
ラフは次のような酬j脚.軟を紹介している。
「山羊の革は、半ズボンや財布や袋ものなどをつくるのに適している。
コードバン革や羊皮紙も、山羊皮でつくられる。
紳士や貴婦人用のたいそうきれいで薄手の白、青、緑、紫、赤などに染色された手袋で、いわゆるチキン・レザー[ひなどりの革]とよばれているものは、実際には山羊皮からつくられる。
かつらは長い山羊の毛でつくられる。
この毛は、必要に応じてつむぎ糸にし、小アジア地方でアンゴラ・山羊の毛が利用されているように、布に織ることもできる。
この地方の山羊はキャメル・ゴート[ラクダ・山羊の意]とよばれ、あらゆる種類の衣料を 織ることができる」 山羊の飼育は、近年いちじるしく少なくなった。
完成木というと2〜3回の芽切りを行うのが、近頃常識のようになっています。
たしかに完全に百点の培養を考えれば、2-3回でもかまわないのですが、どうしても行わなけれぱならないというものでもありません。
1回の芽切りでも充分に徹格を維持することができます。
もし、不揃いの箇所が出てきたとすれば、9月中旬に揃えてやればいいでしょう。
何も百点満点をとる必要はないのです。
合格点をとるつもりでやれぱ、もっと完成木の維持が容易にみえてくるはずです。
剪定といえぱ、完成木に必要ないように思えるかもしれません。
しかし、どうしても芽や枝に多少バラツキが生まれてきます。
とくに徹冠部や枝先に力がいきやすいく、小枝岐れとなり混んできます。
そこで、古葉と新葉の葉ぬきの時期、正月過ぎから4月上旬までに剪定する必要があるでしょう。
枝先に勢いがいきがちですから針金かけの作業も必要になってきす。
適期は、11月ー3月上旬。
フトコロ枝はいたわりの芽 前回の植え替えから、5年目のには、植え替えも必要です。

お好み  TOPへ  >  戻る
inserted by FC2 system